グリーンスムージーは膀胱炎に良くない?その理由と予防対策について

膀胱炎はトイレが近くなってスッキリしない症状のこと💡

女性に多い症状なので、一度は経験したことがある人も多いと思います。

 

実は、膀胱炎の時にグリーンスムージーを飲むと逆効果になって症状が改善されないことがあるんです。

酷い場合には悪化してしまうこともあります(;’∀’)

 

水分補給は大事ですが、水や麦茶などを飲むようにして治るまではグリーンスムージーは控えたほうが良いでしょう。

その理由と予防方法についてご紹介したいと思います‼

膀胱炎の主な症状と原因について

 

膀胱炎の基本的な情報になりますが、膀胱に雑菌が入って炎症を起こす病気のことです。

女性は体の構造的に細菌が膀胱に入りやすいので発症しやすい病気の一つ💡

 

主な症状は、

・頻尿

・残尿感

・痛み

などがあり、血が混じることも少なくありません💧

 

多くの人がなる病気ではあるんですが、我慢は禁物。

菌が腎臓に入ると腎盂腎炎(じんうじんえん)を起こすこともあり、腎盂腎炎になると高熱や脱水、背中の痛み、全身のだるさなど激しい症状が出ることに…

 

通常は、抗生物質を飲めばすぐに治るので気になったら早めに病院に行くことが大事ですよ。

泌尿科や内科に行くのが一般的。

 

膀胱炎の原因は人によって違いますが、代表的なものが以下の通りです👇

 

免疫力の低下(睡眠不足、栄養不足など)

ストレス

過労

水分不足

トイレの我慢

 

体が弱っている時になりやすいのですが、トイレを我慢するクセがある人も原因となります。

 

なぜグリーンスムージーは控えるべきなのか

なぜ膀胱炎になったら治るまでグリーンスムージーは控えたほうが良いのか?

ということなんですが、グリーンスムージーは利尿作用があるんですが同時に体を冷やしてしまうからです💦

 

通常、膀胱炎の症状改善には水分補給が欠かせません‼

膀胱に入った細菌を外に押し出さないといけないので、水分をたっぷりとる必要があるからです。

 

なので、水や麦茶を沢山飲む分には良いのですが…

グリーンスムージーは生の野菜や果物を使っているので、を冷やしてしまいます。

 

腸の壁には免疫細胞が無数にあるのですが、腸が冷えることで免疫細胞も活動的でなくなり免疫力が低下してしまうんですね…

結果、なかなか治らない…ということになるんです💔

 

膀胱炎は再発もしやすく、完治させるまでが大変だったりするので完全に良くなるまではグリーンスムージーは控えましょう✋⚠

野菜や果物を取るならなるべく温めて、生の状態では取らないようにします(´ω`)

 

粉末タイプのグリーンスムージーなら、生の状態ではないのでOK。

冷たい水や牛乳ではなく常温で飲むか、ヨーグルトを温めてそれに混ぜて飲むのも良いですよ。

 

私はお腹の調子が良くない時もホットヨーグルトにして食べてますよ👇

関連:ホットヨーグルトで腸活!お腹の調子を整えたい時にお勧めの食べ方

 

予防対策まとめ

 

膀胱炎にならないようにするには、以下3つのことが欠かせません✋

 

水分はこまめにとること

疲れやストレスを溜めないようにすること

清潔にすること

 

水分をこまめにとれば、その分外に出るので細菌が溜まりにくくなります。

季節関係なくこまめな水分補給は大切ですね

 

また、疲れやストレスを極力溜めないようにすることも大事。

休める時にしっかり休んだり、ゆっくり寝ていられない時は食事を工夫する必要もあります(´・ω・)

 

清潔にすることも基本的なことですが、意識してやっていくと膀胱炎にもなりにくくなるはずですよ。

以上、参考になれば幸いです✨