グリーンスムージーとレッドスムージーの違い!効果的な飲み方とレシピ

体に良いスムージーと言えば、緑たっぷりのグリーンスムージーが真っ先に浮かぶ人が多いと思います💡

 

でも、他にも色々なタイプのスムージーが登場していてその中にレッドスムージーも存在します(*‘ω‘ *)

 

レッドスムージーは、名前通り赤い見た目のスムージーなんですがグリーンスムージーと何が違うのか?飲み方や簡単に出来るレシピをご紹介したいと思います。

 

たまにはちょっといつもとは違うスムージーが飲んでみたい、という人は試してみてくださいね

グリーンスムージーとレッドスムージーはまず味が全然違う

 

グリーンスムージーが緑たっぷりでやや青臭いイメージがあるので、レッドスムージーもなんとなく青臭いんじゃないかと思われがちですが味は全然違います(´ω`)

 

グリーンスムージーは、まだ野菜っぽさが感じられますがレッドスムージーは完全にフルーツベースのフレッシュジュースという感じ‼

というのも、使っている野菜やフルーツも全く違うからです。

 

グリーンスムージーの場合

ー主に使われる野菜

・小松菜

・ほうれん草

・明日葉など

 

ー主に使われるフルーツ

・りんご

・キウイ

・バナナなど

 

レッドスムージーの場合

ー主に使われる野菜

・トマト

・パプリカ

・人参など

 

ー主に使われるフルーツ

・クランベリー、ビルベリー

・いちご

・ブドウなど

 

レッドスムージーは、フルーツが豊富で特にベリー系のものが多いです✨

そのため、グリーンスムージーよりも甘酸っぱくて爽やかなテイストになりますね。

 

どちらかというと、甘いのが得意でない人や酸味があるほうが好きな人にもおすすめの味ですね(‘ω’)

 

効果的な飲み方

 

赤い野菜、果物には主にβカロテンビタミンCビタミンEが豊富に含まれています。

βカロテンは、体内に入ると脂溶性ビタミンAに変換されます💡

 

ビタミンAは脂溶性なので、飲む時はなるべく油と一緒に取ると体内に吸収されやすくなります。

 

油と言っても、沢山入れる必要はないのでほんの小匙1杯程度の食用油と飲むと◎

食用油は、一般的なエキストラバージンオリーブオイルでも良いですがよりヘルシーな亜麻仁油やエゴマ油などもおすすめ‼

 

関連:グリーンスムージーにえごま油を!肌の若返りを目指す飲み方

ビタミンC、Eは抗酸化作用があるので美容に良いですね

 

ただ、ソラレンを含む場合は紫外線を浴びる時間帯に飲んでしまうと日焼けしやすくなるので午前から午後にかけて飲むのはお勧めしません💦

 

ソラレンについては以下の記事でもご紹介しています。

関連:日光アレルギー(光線過敏症)を防ぐグリーンスムージーの飲み方

 

美肌を目指すなら、夜のお肌のゴールデンタイム(22時~)の前に飲むのがおすすめ。

夕方以降なら、ソラレンを含んでいても紫外線の影響は受けないので安心して飲むことが出来ますしね。

 

美容に良い成分が豊富なので、ダイエットというよりは美肌を目指したい人に良いでしょう✨

 

おすすめレシピ

ーレシピ1(1人分)

・トマト 1/2個

・人参 2cmくらい

・グレープフルーツ 1/2個

・ヨーグルト 大匙2

・はちみつ 大匙1

①一口位にざく切りにする

②ミキサーにすべての材料を入れる

③ペースト状になったら完成

 

ーレシピ2(1人分)

・赤いパプリカ 1/4個

・トマト 1/2個

・バナナ 1/3くらい

・牛乳 100ml

①パプリカ、トマト、バナナを一口サイズに切る

②ミキサーにすべての材料を投入

③滑らかになったら完成

 

ーレシピ3(1人分)

・トマト 中サイズ1個

・いちご 5~6粒

・はちみつ 小匙1

①トマトとイチゴはざっくり細かくする

②ミキサーにすべての材料を入れて砕く

③ドリンク状になったら完成

 

野菜はトマトやパプリカ、人参がメインですがフルーツはお好みで色々と変えてみるのも良いですね。

 

赤い見た目なので、トッピングとして仕上げにミントを添えるとおもてなしスムージーにもバッチリ。

 

赤い見た目が新鮮ですし、味も飲みやすいので

・グリーンスムージーに飽きた時

・たまには新しいスムージーも飲んでみたい時

などに作って飲んでみるのもおすすめです。

 

以上、参考になれば幸いです🎵