偏頭痛の改善にグリーンスムージーを!取るべき食材と避けるべき食材

偏頭痛が悩みの一つ、という人は少なくありません💦

日本人のおよそ3・4人に1人は頭痛持ちと言われるほど、身近な症状だからです。

 

体質的なものもあるので、一生付き合って行かないといけない症状であることもあるのですが対処法の一つとして食事で改善することも出来るんです💡

 

グリーンスムージーに使われる食材の中には、片頭痛の症状改善・予防に良い食材も多いです‼

 

偏頭痛に良い食材を優先的に使うようにして、逆に悪影響となる食材はなるべく避けることで症状の改善につながりますよ(‘ω’)ノ

そもそも片頭痛の原因はなに?

 

偏頭痛が起こる原因は、ズバリ「血管が拡張すること」にあります💡

脳内の血管が拡張することで、その近くにある三叉神経を圧迫し刺激してしまいます。

 

炎症を起こした神経が痛みとなり、これが偏頭痛と言われるんですね‼

血管が拡張する原因には色々なものが考えられます👇

 

・食べ物などの刺激

・光による刺激

・体質的な物、遺伝

などが代表的ですが、まだよくわかっていない部分もあるので自分の原因を探す必要があります。

 

でも、毎日とる食事は影響を受けやすいものの一つ(‘ω’)ノ

食べ物にも、片頭痛を悪化させるものもあれば逆に症状改善に良いものもあります。

 

頭痛持ちの人は避けたほうが良い食べ物

ポリフェノールを含むもの

ポリフェノールには、血管を広げる作用があります。

 

偏頭痛は、血管が広がることで痛みが起こるので更に血管を広げることになるため余計に痛みが起こることが考えられます。

代表的なもの:赤ワインチョコなど。

 

チラミンを含むもの

チラミンは、血管を収縮させるものなんですが反動で血管を拡張させるので結果的に悪影響となります。

代表的なもの:チーズ、たまねぎ、柑橘系果物など。

 

グルタミン酸ナトリウムを含むもの

グルタミン酸ナトリウムも、血管を広げる作用があります。

代表的なもの:中華料理、加工食品など。

*****

これらの食べ物は、出来るだけ避けるようにしましょう(‘ω’)

手作りグリーンスムージーだと、レモンやオレンジなど柑橘類を使うこともありますよね❓

 

でも、偏頭痛持ちの人はなるべく使わないほうが良いでしょう。

果物は他にも色々な種類のものがあるので、柑橘以外の果物を使うことをお勧めします✨

 

体質改善に!取ったほうが良い食べ物

B2を含む食べ物

ビタミンB群の中でも、B2は特に血圧を下げる作用があるので偏頭痛にも良いのです。

代表的なもの:ホウレンソウ、納豆、レバー、うなぎ、牛乳やヨーグルトなどの乳製品

 

マグネシウム

マグネシウムには、血管をゆるめる働きがあります。

偏頭痛は、血管が拡張してパンパンに張っているような状態なので血管を緩めることで改善に期待できます。

代表的なもの:大豆、ゴマ、アーモンド、ひじき、緑黄色野菜、バナナなど

 

水分が多い物

偏頭痛になる人の特徴として、体内の水分が少ないことがあげられます。

そのため、なるべく水分量が多いものを取るのも良いです。

代表的なもの:すいかやトマト、梨など

*****

グリーンスムージーに使えるのは、緑黄色野菜やホウレンソウ、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、大豆、ゴマ、アーモンド、バナナ。

 

それからスイカやトマト、梨などの果物ですね(`・ω・´)b

なるべくこれらの食材を使うことで、症状の改善につながりますよ。

 

グリーンスムージーにすれば、美味しく手軽に飲めるので朝食や夕食代わりに飲むのもおすすめです。

野菜不足解消にもなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね

 

手作りグリーンスムージーのレシピなら、以下をご参考までに👇

水分豊富でダイエットにも!スイカを使ったグリーンスムージーのレシピ(レシピその3がおすすめ)

グリーンスムージーとレッドスムージーの違い!効果的な飲み方とレシピ(レシピその2とその3がおすすめ)

水なしで作る果汁・野菜汁だけのグリーンスムージーのレシピ5選(レシピその3がおすすめ)

爽やかな香りで甘い!ラフランスを使ったグリーンスムージーのレシピ(レシピその1とその2がおすすめ)