「手作りグリーンスムージー」皮は入れるべき?入れたほうが良い果物

グリーンスムージーを手作りしようと思ったら、果物の皮は入れるべきかそれとも入れないべきか問題が起こります💡

グリーンスムージーの生みの親であるヴィクトリアプーテンコ氏の著書によると…

 

皮も全て丸ごと入れるべき!と書いてあるのですが、正直皮は入れないほうが良いんじゃないか?と思う果物もあったりします(;´・ω・)💦

皮の汚れもそうですし、味や歯触りもなんとなく気になることがあるからです。

 

そこで、今回はグリーンスムージーに果物の皮は入れるべきか入れないべきかについてまとめてみることにしました(‘ω’)ノ

結論としては、皮も入れる果物と入れない果物を分けて使うのが良いかと思います。

基本的にはなるべく皮も入れよう

 

果物の栄養は皮と実の間に一番詰まっていると言われています💡

皮を取って実だけを使うのは、栄養的に考えてももったいないことなんですよね(;’∀’)💦

 

なので、出来れば皮と実の間にある栄養も全て取り込めるように皮も実と一緒に使ったほうが良いということです(‘ω’)

基本的にはなるべく皮も一緒に入れるようにしましょう。

 

皮が入っても、ミキサーで撹拌してしまえば意外と実と上手く混ざって飲めることが多いですしね。

特に、果物でも以下のものは皮も一緒に入れて作ることをおすすめします👇

 

  • りんご
  • プルーン
  • ぶどう
  • キウイ

 

え、キウイも?と思うかもしれませんがキウイは皮が薄いですし外側の毛羽立ちはよく洗えば普通に実と一緒に使えますよ。

ヘタだけ取り除けば十分です✨

 

これらの果物以外だとえぐみが強かったり、皮が厚すぎてスムージーにしにくかったり、そもそもあまり美味しくなかったり、歯触りが気になるものがあります。

その場合は、皮は取り除くかギリギリ皮と実の間まで取り入れるようにしましょう。

 

皮は入れないほうが良い果物

 

  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • バナナ
  • スイカ
  • メロン

 

オレンジやグレープフルーツは皮が苦いので個人的には入れないほうが良いかなと思っています。

でも、食べられないものではないですし気にならなければ良いと思います✨

 

どちらかというと、皮を使うならそのままではなくてジャムや砂糖漬けにするなど加工してお菓子にしたほうが良いのかもしれません‼

また、柑橘系果物の皮にはソラレンが多く含まれているので夏の時期は要注意です。

 

ソラレンを取り込んでから紫外線を浴びると日焼けしやすくなるので、気をつけたいですね。

バナナの皮も食べられますが、食べにくい+美味しくありません💔

 

油で揚げて食べるなどこちらも加工して食べたほうが良いですね。

スイカやメロンは皮が厚いので言うまでもないですが、一番外側の皮だけ外せばあとは実と一緒に使えるかと思います。

 

果物は使い分けて美味しいグリーンスムージーライフを

 

皮は入れたほうが良い果物、入れないほうが良い果物を分けてみましたが入れたほうが良い果物でも物によっては入れないほうが良い場合もあります💡

例えば、古くなって皮が硬くなってしまった場合とか。

 

外側が傷ついて傷んでしまったものとかですね。

逆に、本来は皮は入れないほうが良い果物でもとっても新鮮で皮が薄いor柔らかいなどで食べられそうであれば入れてみてもよいと思います(*´ω`*)

 

手作りはやっぱり面倒だから簡単に作れるスムージーが良い!という人は実際に飲んでみたスムージーもまとめているので参考にしてみてくださいね👇

>>粉末グリーンスムージーのおすすめ商品ランキング8選