グリーンスムージーで利尿作用を高める!取り入れたい野菜と果物

手作りグリーンスムージーの良いところは、毎日自分の好きな材料を使って作れるところですよね💡

 

組み合わせを変えれば何通りものレシピが出来ますし、旬の野菜や果物を使って新鮮なスムージーを作ることも出来ます。

また、デトックス効果が高いので体の余分なものを外に出してくれます\( ‘ω’)/

 

使う野菜・果物を選べば利尿作用の高いグリーンスムージーを作ることも出来るので

・むくみやすい

・体の巡りが悪い

・代謝も良くない

という人は利尿作用のある食材を優先的に使うと良いですよ✨

利尿作用のある野菜・果物

 

利尿作用のある食材は、野菜よりも果物が多め(‘ω’)ノ

代表的なものが以下の通りです👇

 

利尿作用の高い野菜

・ほうれん草

・春菊

・パセリ

・セロリなど

 

利尿作用のある果物

・スイカ

・パイン

・キウイ

・みかん

・マンゴー

・ブドウ

・桃

・柿

・バナナなど

*****

ホウレン草や春菊はグリーンスムージーを作る時に欠かせない定番野菜ですよね。

パセリやセロリは、味が苦手な人も多いですから使う際は少量ずつから使ってみてくださいね。

 

果物の場合は、よく使われる代表的なものがバナナですね🍌

スイカが断トツで利尿作用が高いですが、食べられる時期が夏の時期だけですから夏は積極的に使っていきましょう(´ω`)🎵

 

手作りグリーンスムージーのレシピはこちらを参考にしてみてくださいね👇

関連:水分豊富でダイエットにも!スイカを使ったグリーンスムージーのレシピ

関連:水なしで作る果汁・野菜汁だけのグリーンスムージーのレシピ5選

関連:グリーンスムージーは抜け毛の改善・予防に良い?お勧めレシピをご紹介

 

なぜ利尿作用を高めると良いのか?

体の余分な水分、老廃物を外に押し出すのが利尿作用です。

利尿作用が高いと、血行が良くなり代謝が良くなる…と体全体の巡りが良くなります。

 

体の巡りが良いほうが、健康維持にも良いに決まっていますよね❓

そのためには、利尿作用のある果物や野菜を取ることも大事ですが水分を取ることも大切です‼

 

水は一日最低でも1.5リットルから2リットルを目安に飲むようにしましょう。

一気に飲むのではなく、少しずつの量をこまめに飲むことも大事ですよ✨

 

また、利尿作用の高い飲み物には要注意。

カフェインを含むアルコール類、コーヒー、紅茶などは体に必要な水分まで外に出そうとします(;’∀’)

 

飲み過ぎればそれだけ体に必要な水分も失われるので、適度に飲むようにしましょう。

ちなみに、カフェイン入りのものは水分の代わりにはならないのできちんと水や麦茶などを飲むことが大切です。

 

ベストなトイレタイム

 

一日に必要なトイレの階数は、3回から7回と言われています💡

これ以上でもこれ以下でも、体には負担になるということですね。

 

例えばですが、もし一日2回以下しかトイレに行かない場合はあまりにも少なすぎますね。

水分補給が極端に少ないか、腎臓が正常に機能していないことが考えられます。

 

逆に、一日に8回以上もトイレに行くとなると頻尿ということになります。余分に水分が出ることで、脱水症状になることもあるので注意が必要です💦

 

頻尿の場合は、筋肉の緩みやストレスが原因の場合もあるのであまり心配することはないですが出来れば目安の回数内に収まるようにすると良いでしょう(´ω`)

 

水分はしっかりとりながら、利尿作用のある野菜や果物を使って適度に余分なものを排出して体の巡りを良くしたいですね。

以上、参考になれば幸いです🎵