これで代謝アップ!グリーンスムージーと白湯を一緒に飲むと良い理由

グリーンスムージーを飲む時、どうしても飲みやすいからと冷たいまま飲んでしまっていませんか?

 

夏の暑い時期は特にそのほうがサッパリするものですが、せっかく栄養たっぷりのグリーンスムージーがもったいなくなってしまいます💧

 

冷たいものばかり取っていると、内臓が冷えて代謝が落ちてしまうからです(^^;)

逆に、体を温めることが出来れば代謝機能も上がります。

 

でも、グリーンスムージーは常温で飲むのが基本。温めても酵素が壊れてしまいます

そこでおすすめしたいのが、グリーンスムージーを飲む前に白湯を飲むということ。

 

たった一杯白湯を飲むことで、代謝が良くなりグリーンスムージーの栄養を最大限生かすことが出来るんです。

 

そこで今回は、

・グリーンスムージーを飲む前に白湯を一杯飲むと良い理由

・白湯の作り方と飲み方

などについてご紹介したいと思います。

白湯を飲むメリット

 

白湯とは、何も他に入れていないただのお湯のこと💡

無味無臭のとってもシンプルな飲み物ですが、これをたった一杯飲むだけで様々なメリットが得られるんです‼

 

体を温めることで代謝が良くなる→脂肪燃焼を促進

内臓の機能を高めることで老廃物を外に押し出す→デトックス作用

余分な水分を排出する→体のむくみを取る

温かい白湯で食物繊維が膨らむ→満腹感が得られやすくなる

温かいものは満腹中枢を刺激する→食欲を抑えて過食を防ぐ

 

※満腹中枢とは、脳内の「食欲を抑制する器官」で刺激を受けることでもうお腹いっぱいと感じて満腹感が得られ食欲が収まります。

この逆で、空腹感を感じてもっと食事を取ろうと感じるのが摂食中枢という器官になります。

 

内臓全体の温度が1度高くなると、免疫力は30%ほど上がると言われています。

免疫力が30%も高くなるなんて相当ですよね…白湯の習慣で風邪を引きにくくする、体調を崩さないようにすることも可能になるんです✨

 

あなたは冷えが気になることはないですか?

体温が低いと言われたり、胃腸の調子が悪くなることが多い…なんてことはないですか?

 

それはもしかすると、体が冷え代謝が悪くなっているからかもしれません(;’∀’)

たかが温めた水とは言え、白湯にはこれだけ沢山のメリットがあるのです。

 

体を温めること、特に内臓を温めることがいかに健康的でいかに大事かというのがよくわかりますね

 

白湯を飲むことで、痩せやすく太りにくいスリムな体型を目指すことも出来ると同時い健康的な体作りが出来ます。

 

これにプラスで、グリーンスムージーを飲むことで更に健康的で美容的なメリットを得ることが出来るのです(*‘ω‘ *)

 

白湯の飲み方・温め方

鍋で作る時は、水を入れて沸騰させるまで加熱し沸騰したら火を止めて少し冷ましてから飲みます。

電子レンジを使う場合、マグカップに水を注ぎ500wで1分半か600wで1分温めます。

 

水道水を使うのも良いですが、ミネラルウォーターを使うほうがミネラルが多いのでより良いでしょう。

飲む時は、一気に飲むのではなく少しずつ飲んで徐々に体を温めていくイメージ💡

 

体が温まったタイミングで、グリーンスムージーを飲むようにすると良いでしょう。

白湯の量は、コップ一杯分(約200mlほど)が目安です。

 

気をつけたいこと:飲み過ぎには要注意

 

最後に、気をつけたいこと・注意したいことですがいくら体に良いと言われる白湯でも飲み過ぎには注意すること💧

体に良いからと、沢山飲めばそれだけ良いということではありません。

 

水分を取れば、それだけ尿として排出されるのですがその時に腎臓を経由します。

水分の取り過ぎは、それだけ腎臓に負担をかけることになるので白湯の飲み過ぎ=腎臓の疲労も考えられます。

 

また、水分を取らな過ぎてもむくむことがありますが取り過ぎてもむくみます💔

水分を取らないと体内の塩分濃度が高まりますが、塩分は水分を集めるのでむくみやすくなるのです。

 

逆に取り過ぎても、余分な水分が溜まるようになるので取らな過ぎても取り過ぎても良くないということです‼

適度が一番ですね✨

 

コップ一杯の白湯なら全然問題ない、ちょうど良い量なので毎日グリーンスムージーを飲むのであればその前に必ずコップ一杯飲むようにしましょう。

代謝を高めつつ免疫力もアップさせて風邪知らずの健康体を目指していきましょう。

 

体が冷えてしょうがない人は、こちらの記事もご参考までに👇

関連:冷え症さん必見!寒い冬の時期のグリーンスムージーの飲み方