低糖質・糖質制限ダイエットにグリーンスムージーも使える理由と方法

ダイエットと言えば、以前は低カロリー食重視!という感じでしたが今はもっぱら低糖質・糖質制限が主流(‘ω’)ノ

もちろん、カロリーも低いに越したことはないですがそれよりも糖質重視なのです。

 

グリーンスムージーと言えば、甘くて美味しい飲み物…つまり糖質がめちゃくちゃ高いんじゃないの?と思う人も居ると思います。

実際、野菜や果物は糖質が多いものがほとんどなので低糖質ではありません💧

 

でも、野菜や果物の中でも糖質が低いものもあるのでそういった野菜や果物をメインにしたりバランスよく組み合わせることで糖質も制限できるんです(*‘ω‘ *)

そこで今回は、糖質制限に良いグリーンスムージーについてご紹介します。

まず基本的なグリーンスムージーの作り方から

 

グリーンスムージーの基本的な作り方ですが、葉野菜と果物数種類に水を加えたものになります。

とってもシンプルですが、これは使う果物や野菜が甘いものが多いから出来ること。

 

糖質が少なくてあまり甘くない果物や野菜ばかりだと、水だけだと全然甘くないし美味しくない…ということになります💦

グリーンスムージーでよく使われるバナナも、けっこう糖質高いですからね(;´・ω・)

 

低糖質なグリーンスムージーを作る場合、使う野菜や果物はどれも糖質が少なく甘くないものなので水よりも、牛乳やヨーグルト、豆乳などを上手く使いましょう。

牛乳やヨーグルトも糖質は高めなのですが、少量にすればOKです。

 

豆乳は、成分調整豆乳だと糖質も牛乳やヨーグルトと変わらないくらいに高くなりますが無調整豆乳なら糖質も低くなるのでおすすめですよ✨

 

糖質の少ない野菜と果物を使う

 

果物はわかるけど、野菜って糖質少ないんじゃないの?と思う人も居るかと思いますが実は野菜もけっこう糖質多いものがあります💡

特に、お芋系はそのまま食べても甘いように糖質がかなり高めです。

 

グリーンスムージーではお芋は使うことはほとんどないと思うので良いですが、葉物野菜だとしてもなるべく糖質が少ないものを使うことをおすすめします。

果物は言うまでもなく糖質が多めなので、こちらもなるべく少ないものを(´ω`)

 

糖質が少ない野菜

 

葉野菜なら、野菜の中でも基本的に糖質が少ないものが多いのであまり心配することはありません。

特に糖質が少ないものはこんな感じです👇

 

  • ほうれん草(100g当たり0.3g)
  • モロヘイヤ(100g当たり0.4g)
  • 小松菜(100g当たり0.5g)

 

糖質が少ない果物

 

果物なら、甘いものは糖質が多いものが多いので糖質が少ないものは割とスッキリとした味わいの物が多いですね。

水分量が多く、みずみずしいものなど👇

 

  • アボカド(100g当たり0.9g)
  • レモン(100g当たり7.6g)
  • スイカ(100g当たり9.2g)
  • プルーン(100g当たり10.7g)
  • キウイ(100g当たり11g)

 

これらの野菜、果物を優先的に使えば糖質が高くなるのを防げるのでぜひご参考までに。

糖質ダイエットがしたい!という人は組み合わせを考えてみてくださいね。

 

おすすめレシピ

 

おすすめレシピは以下の記事でご紹介しています👇

 

スイカをメインに使ったレシピ

関連:水分豊富でダイエットにも!スイカを使ったグリーンスムージーのレシピ

 

キウイをメインに使ったレシピ

関連:バナナが嫌い!な人におすすめするグリーンスムージーのレシピ

 

こちらの記事もご参考までに👇

血糖値を下げる食材を使ったグリーンスムージーのレシピ