グリーンスムージーは作り置きしても大丈夫?日持ちする期間の目安

「忙しい時はご飯を作る時間さえ十分にない」

「出来ればパパっと短時間で食事を済ませたい…」

「特に一日の中でも時間がない朝は数秒でも短く済ませたい。」

 

そんな時に、前もって作り置きしていたものを冷蔵庫から出してすぐにパクっと口にして済ませることが出来たらですよね✨

 

でもグリーンスムージーだったら時間が経てばその分せっかくの栄養が失われてしまうんじゃないか…美味しくなくなってしまうんじゃないか?

と気になるところですよね。

 

そこで、今回は

・グリーンスムージーは作り置きしても大丈夫なのか

・日持ちする期間の目安や注意点

などについてご紹介していきたいと思います。

グリーンスムージーは作り置きできる?

 

グリーンスムージーには、フルーツや野菜が凝縮されて沢山詰まっているわけですがビタミンが豊富なので酸化しやすいです。

 

特に、水溶性ビタミンであるビタミンB2、B6、葉酸などはグリーンスムージーに多いビタミンですが酸化しやすいです💧

 

一度酸化が始まると、酵素が減ってしまうことから時間が経てば経つほど栄養の質が下がると言われています。

なので、グリーンスムージーは基本的には作り置きには向いていません💔

 

遅くても2日から3日くらいまでなら冷蔵庫で保存する分には飲むことは出来ますが、一番は作ったその日のうちに飲んでしまうのが良いですよ。

これは最初から手作りで作るタイプも粉末を溶かして作るタイプも同じですね。

 

酸化すると風味も落ちる

 

酸化すると、栄養が損なわれるだけでなく同時に風味も落ちてしまいます💦

グリーンスムージーを作ってから何時間も経つと、色が濁って変色しますがこれは酸化が進んでいることを表しています。

 

また、下のほうには液体が溜まり表面には粉末、野菜や果物のカスなどが溜まって分離します。

これが薄い味と濃い味で分かれてしまって、美味しくなくなってしまうんですよね。

 

なので、時間が経ってから飲む場合は飲む前にもう一度よくシェイクしてから飲むようにしましょう‼

 

あとは、たまたま作り過ぎて余ってしまった時、とりあえず作ったけど後で飲むという場合は出来るだけ酸化を防ぐためにレモンをひと絞り入れると良いですよ✨

レモンは抗酸化作用のあるビタミンCを多く含むので、酸化防止になります。

 

ただ、レモンにはソラレンという紫外線を吸収する物質が含まれるので紫外線の影響を受けにくい夕方以降に飲むと良いでしょう。

でないと、紫外線量が多くなる夏は特に日焼けしやすくなります。

 

ひと絞りくらいなら全く問題はないと思いますが、一応体質的に紫外線の影響を受けやすい方は気を付けましょう💡

 

ソラレンについては、日光アレルギー(光線過敏症)を防ぐグリーンスムージーの飲み方の記事でもご紹介しているので参考にしてください。

 

✎MEMO
少し時間を置いてから飲む場合はしっかりシェイクしてから飲む
作ってから飲むまでに時間が空きそうな時は最後にレモンをひと絞り入れる
ただしソラレンの影響を受けないよう日に当たらない、夕方以降に飲むと◎

 

大量に作り過ぎた時は冷凍保存する

大量に作り過ぎてしまった時で、2日3日以内に飲み切れなさそうな場合は最終手段として冷凍保存しましょう。

 

正しく冷凍すれば酸化は防げますし、栄養が損なわれるのも最小限にして防ぐことが出来ます🎵

 

冷凍すれば長くて一か月くらい持たせることが出来ますが、解凍してそのまま飲む場合はなるべく早い方が良いでしょう。

 

もし冷凍しすぎてしまった場合は風味が落ちることもあるので料理に使うのも良いですよ(‘ω’)ノ

 

料理への使い方・レシピなどについては次の記事でご紹介しているので参考にしてください👇

関連:余ったグリーンスムージーの使い道・おすすめの活用法

 

冷凍保存・解凍する方法

 

冷凍保存する方法としては、主に次の二つの方法があります👇

 

★製氷皿に入れてそのまま凍らせる

★密閉できる袋に平らになるように入れて冷凍する

 

製氷皿に入れてそのまま凍らせても良いですし、製氷皿で凍らせたものをまとめてジップロックに入れて保存するのも良いでしょう。

 

解凍する時は、

冷蔵庫に移してゆっくり数時間かけて解凍する方法
常温で少し溶かしてから水や牛乳などを足してミキサーで砕く方法

の二つがあります💡

 

冷蔵庫に移す場合は、前の日の夜に移しておくと朝になればちょうど飲めるようになっていると思います。

 

冷蔵庫での解凍はゆっくりなので飲むまでに時間がある時、ミキサーを使って砕けばすぐに飲めるので急いで飲みたい時に良いと思います。

以上、参考になれば幸いです