グリーンスムージーを割る時の牛乳の選び方!乳糖不耐症はヨーグルトを

グリーンスムージーは本来水で割って飲むものですが、より美味しく飲むために牛乳で割って飲む人も多いと思います✨

 

牛乳で割ることでよりマイルドな風味になるので、あんまり野菜が入ってる感じがしない(青臭さが全くない)んですよね(´ω`)

そんな牛乳ですが、牛乳と言っても色々な種類があります‼

 

スーパーに行けば牛乳のコーナーには、成分無調整・調整のものから加工乳など色々な牛乳が置いてあるのでどれを選べば良いか迷う人も居るでしょう💦

 

牛乳のチョイス次第でその分カロリーも違えば飲みやすさもまた変わってくるので、自分の目的に合わせた選び方をするのが一番ですよ

牛乳の主な種類

 

そもそも牛乳とは、搾りたての牛のミルクである生乳を加熱殺菌したもののこと💡

添加物は水さえも加えるのは禁止、成分の一部を除去するのもまた禁じられているものです。

 

定義としては、

・乳脂肪分が3.0%以上

・無脂乳固形分が8.0%以上

という決まりがあります。

 

成分無調整牛乳

これは独自にメーカーが表示しているもので、牛乳を製造する過程で添加物を入れたり逆に除去したりといった手を加えていないもののこと。

つまり普通の牛乳のことです。

 

成分調整牛乳

成分調整牛乳は、原料は生乳でも脂肪分やミネラル、水分などを調整した牛乳。
これには「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」などが含まれます。

低脂肪は脂肪分が0.5%以上1.5%以下、無脂肪は0.5%以下の脂肪分となっています。

 

加工乳

低脂肪:脱脂粉乳をプラスすることで脂肪を少なくし低エネルギー、逆にカルシウムやタンパク質は多くしたもの。

濃厚:生乳を濃縮し更にバターやクリームをプラスしているので栄養価が高く、コクがある味わい。

 

目的に合わせて選ぶべき

 

牛乳それぞれのカロリー

濃厚牛乳:約140kcalから150kcalほど

普通の牛乳:約130kcalから140kcalほど

低脂肪牛乳:約85kcalから100kcalほど

無脂肪牛乳:約65kcalから90kcalほど

 

カロリーで選ぶなら、やはり無脂肪牛乳を選ぶのが良いと思います✨

 

ダイエット中で食事制限をしている、ダイエットはしていないけど最近体重が気になってきたから少しカロリーを抑えたい、という人には無脂肪牛乳が一番低カロリーなので断然お勧めです。

 

グリーンスムージーと合わせても、100数十kcal程度で抑えられるものが多いので一食分の置き換えに使えばかなりカロリーカットが出来ますよ。

でも、味で選ぶなら濃厚牛乳。

 

コクがあってクリーミーな味わいなので最も美味しく飲めるでしょう(*´ω`*)

ただ、この辺りは好みもありますしグリーンスムージーとの相性もあります。

 

もともと味が甘めのグリーンスムージーであれば、濃厚牛乳で割るとかなり甘ったるく感じることがあります💦

 

甘いのが好きな人にはお勧めできますが、苦手な人にはあまりお勧めできないのでその場合は低脂肪か無脂肪のほうが良いでしょう。

 

逆に、甘さ控えめなグリーンスムージーを無脂肪で割ると味があっさりしすぎてもうちょっと甘くても良いかな~と物足りなく思ってしまうことがあります。

 

その場合は、濃厚牛乳や普通牛乳で割ると甘さが出てかなり美味しく飲めることが多いですね

 

なので、自分が甘いものが好きか苦手かというところとグリーンスムージーの味との相性で選ぶのが良いでしょう。

 

✎MEMO
カロリー重視なら無脂肪牛乳
美味しさ(甘さ)重視なら濃厚牛乳
カロリー重視ではないけど低いほうが良いなら低脂肪牛乳
美味しさ(甘さ)は適度に欲しいなら普通牛乳
あとはスムージーとの相性次第

 

乳糖不耐症の人には飲むヨーグルトがお勧め

乳糖不耐症は、乳製品を口にした時にお腹を下してしまうことが多い人にある症状の一つ💡

 

乳糖を分解するラクターゼという酵素が小腸の中に存在しなかったり、存在はするものの分解するのに不十分だと起こる症状です。

また、普段は平気でもその時の体調によってお腹を下してしまうこともあります。

 

そんな時は、飲むヨーグルトで割って飲むと良いです。

飲むヨーグルトには、乳酸菌が沢山含まれるのでそれが乳糖を分解しやすくし体に負担とならずに消化することが出来るからです。

 

もともとお腹を下しやすい人にも良いでしょう✨

飲むヨーグルトは、味的にも甘さが控えめなのでグリーンスムージーに合うものが多いという良さもあります。

 

また、飲むヨーグルトのカロリーに関してですが普通牛乳と同じくらいなので低いというわけではないですが特別高いというわけでもありません。

 

例えば、飲むヨーグルトで有名な「明治ブルガリア飲むヨーグルトは」は200gあたりのカロリーが130kcal。

 

なので、牛乳の代わりに飲むというのもおすすめです。

あとはその時の気分や目的などに合わせながら、牛乳を使ったり飲むヨーグルトを使ったりと上手く組み合わせながら飲むのが一番ですね(^^♪

 

✎まとめ
牛乳でお腹を下しやすい人は飲むヨーグルトがおすすめ
乳酸菌が豊富なので腸内環境改善にもつながる
適度な甘さがスムージーと合わせやすい
カロリーも普通牛乳と同じくらいなので高くない

 

ちなみに、当サイトで一番人気のスムージーは牛乳も飲むヨーグルトも合わせやすいのでぜひ参考にしてみてくださいね👇

★当サイトでも美味しくて飲みやすいと人気ナンバーワンのグリーンスムージーです