ワーファリンのお薬を飲んでいる方はグリーンスムージーは控えましょう

グリーンスムージーは、野菜を食べる代わりに不足分を補うために飲む人も居ますし、市販されている粉末のものも野草酵素含有食品などとなっていて基本的に食品扱いなので誰でも飲めるものです✨

 

しかし、妊婦さんや乳幼児など体調が不安定になりやすい・未熟な場合は控えたほうが良いですし、その他にもワーファリンを処方されている人も控えるべき。

 

グリーンスムージーはワーファリンの働きを阻害してしまうことがあるので、治療の妨げになってしまうことがあるからです(;’∀’)

特に何も言われていないからと、自己判断で飲まないように気を付けましょう💦

 

今回は、

・ワーファリンを処方されているとグリーンスムージーを飲んではいけない理由

・どうしても飲みたい時に使うと良い野菜の選び方

についてご紹介したいと思います。

ワルファリンとグリーンスムージーが良くない理由

 

心筋梗塞や脳血栓、静脈血栓の治療の一環として、術後、あるいは予防として処方されることが多い内服薬の一つがワーファリンです💡

 

ワーファリンには、血液を固める働きのあるビタミンKの作用を抑えることで血液を固まりにくくする働きがあります。

これによって、血管の中で血栓が出来るのを防いでいます。

 

ワーファリンを服用することで、血液がサラサラの状態を維持することが出来ているんですよね(‘ω’)ノ

 

でも、グリーンスムージーに含まれる緑の葉野菜、粉末タイプなら緑野菜・野草などにはビタミンKが豊富に含まれます。

 

血栓が出来ないように血液をサラサラにする薬であるワーファリンを飲んでいるのに、血液を固める作用のあるビタミンKを取ってしまったらワーファリンの作用を阻害してしまうことになるのです👀

 

これによって、治療の妨げになってしまうことがあるためグリーンスムージーはワーファリン服用中は控えるべきなのです。

 

グリーンスムージー以外にも、ビタミンKが多い食品はあるのでそれもまとめてチェックしておきましょう‼

 

✎MEMOーーー

ワーファリンは血管の中で血栓が出来ないようにするためのお薬

ビタミンKには血液を固める働きがある

そのため、ワーファリン服用中はビタミンKを取り過ぎると治療の妨げになることがある

 

ビタミンKを多く含む食品

  • 納豆
  • 味付け海苔
  • パセリ
  • しそ
  • モロヘイヤ
  • 明日葉
  • クロレラ
  • 青汁など

 

病院ではワーファリンが処方されたら食べ物で言えば納豆は絶対ダメと言われることが多いですが、それ以外の食品についてはあまり言われなかったりします。

 

確かに納豆に含まれるビタミンKは多いですが、他にも多く含む食材はあるので注意したいですね💧

 

モロヘイヤや明日葉などは、スムージーにも使うことのある葉野菜でもあるので要注意です。

 

ワーファリンを飲む目的と治療のレベルによっては、別に少量くらいなら特に問題ない場合もあると思いますがその辺は事前にお医者さんとよく相談する必要がありますね。

 

グリーンスムージーだと、沢山作って一気に飲むなんてことがあれば納豆までとはいかなくてもビタミンKを取り過ぎてしまうこともあるんですよね(^^;)

 

ビタミンKが少ない野菜

 

今までグリーンスムージーを飲んできた人、やっぱり食事の代わりに飲めて便利だからワーファリン服用中でも飲みたい人も居るでしょう。

 

どうしても飲みたいという場合は、ビタミンKが少ない野菜に限定して少量を取ると良いかもしれません✨

 

ビタミンKが少ない野菜

・大根(根のほう)

・かぶ(根のほう)

・ゴボウ

・しょうが

・とうがんなど

 

これらの野菜には、ビタミンKはほとんど含まれません‼

 

ただ、基本的に葉野菜をメインに使うグリーンスムージーから考えるとこれらの野菜は葉野菜ではないので本来のイメージからは少しかけ離れてしまうかもしれませんね(;’∀’)

 

それに、ビタミンKが含まれない野菜だけで作るとなると材料がかなり限られてくるので組み合わせを少し変えたとしても毎日メニューを考えて飲み続けるのは難しいですよね…

 

大根やかぶ、冬瓜などはかなりあっさりしたテイストになっていますしゴボウやしょうがは少しクセがありますし繊維質なので沢山使うのは無理に近いですからね💔

 

服薬・治療が落ち着いてから飲むのが◎

一番は、治療や服薬がちゃんと終わってからのタイミングで安心して飲むのが良いでしょう(´・ω・)

 

あとは、一日の食事のバランスを見ながら必要な範囲内で栄養を取っていくのが一番ですね。

以上、参考になれば幸いです